HSC/HSPカウンセリング

敏感な子ども、敏感な人、
ステキな個性を活かす方法を
一緒に考えましょう

ひといちばい敏感で周りからの刺激を受けやすく、ちょっとしたことで影響を受けてしまう事があるHSC.HSP。敏感な特性を理解されず、現代社会では生きづらさを抱えることが多いと言われています。一方、繊細だからこそ、感受性豊かで人の気持ちへの共感力も高く、素晴らしい面が多くあります。ご本人や親御さん、身近な人がが特性を知ることで今の現状を良い方向へ変えていくことができます。アトリエはらっぱのHSC/HSPカウンセリングではそんな気づきのお手伝いをし、個性を活かす方法を一緒に考えていきます。

HSC/HSPとは?

HSC/HSPとはアメリカの心理学者・エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念「Highly  Sensitive Child/Person」日本では「ひといちばい敏感な子ども/人」と訳され、敏感で繊細で豊かな感受性を持った気質の子ども、人の事をいいます。

HSC/HSPの子ども/人は5人に1人いると言われ、男女の比率も同じです。

これは生まれつきの気質で病気ではないので「治すもの」ではありません。

この4つのDOESがある事も特徴です。

- D 深く処理する
- O 過剰に刺激を受けやすい
- E 全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い
- S ささいな刺激を察知する

HSP/HSCは、日常のちょっとした出来事や物音、人の感情などにも強く反応してしまい、周りから理解されにきくく問題が深刻化することがあります。

HSC/HSPに起こりやすい問題

  • 変化や刺激に敏感
  • 疲れやすい
  • 何をするにも時間がかかる
  • ちょっとしたことでパニックに陥りやすい
  • 周りの人の感情に影響を受けやすい
  • 学校や人の集まる所では自分らしく過ごせない
  • 周りの子や人と同じようにできない事がストレスになる
  • いつも自信が持てず自己肯定感が育ちにくい

対話とアートセラピーで
HSC/HSPを理解して
人と違う子育てに安心感を

ひといちばい敏感なHSCのお子さんを育てる親御さんは、周囲とは少し違う子育てになる事が多く、参考書を読んでも、人に相談してもうまくいかず、不安を抱えることが多くあると思います。アトリエはらっぱでは、そんな部分に「対話」と「アートセラピー」で対応。HSCのお子さん、そしてHSCのお子さんを育てる親御さんの気持ちに寄り添い、親子で安心して前に進んでいけるよう、お話させていただきます。

アートセラピーを用いた
アトリエはらっぱ独自の
HSC/HSPカウンセリング

アトリエはらっぱのHSC/HSPカウンセリングでは、他にはない「アートセラピー」の手法を用いて、親子の関係を良好にし、問題点を紐解いていきます。画材を自由に選びながら楽しく絵を描いているだけで、心の中に抱えているしんどさを軽減したり、隠れている問題を探り出し、親子関係が改善されるよう対応させていただきます。

多様な相談方法に対応します

アトリエはらっぱでは、実際に会って対面でお話しするだけなく、SkypeやZoomなどのビデオ・音声対話ツールや電話など、HSC/HSPの子ども/人にとって、最適なコミュニケーション手段を取り入れ、さまざまな相談方法に対応しています。

お申し込みについて

HSC/HSPカウンセリング

60分 8000円 90分 10000円

(対面・ビデオツール・電話等共通価格)

  • カウンセリングのご相談・お申込みの際は、まずメールまたはお電話でお問合せください。
  • ご自宅に訪問してカウンセリングを行う場合は、上記とは料金が異なり、別途交通費をいただく場合がございます。

お問い合わせはこちら